​廣川 かりん

暮らしを写すフォトグラファーとして、キャリアをスタートさせましたが、「伝える」ことをトータルプロデュースしています。

​地域の課題解決に関する働きかけができないかと、日々模索中。

暮らしを写すフォトグラファー

暮らしの空間とそこに住む人の肖像、個人の記念写真、生活雑貨の商品イメージ、ファッションブランドの訴求広告などフォトグラファーとしての実績は多岐に渡ります。

人物撮影と空間撮影が得意なことから、クリニックやサロンの撮影実績も多数。

取材ではインタビュー・ライティング、撮影と2役をこなしています。

特に、お子さまを交えた家族写真はキャリアが長いので過去に150組以上のご家族を撮影してきました。

個人の方からの依頼では、楽しい撮影が一番!と、皆様が楽しめるような撮影に努めています。

Webメディア制作・運営

主に旅メディアのコンテンツにて制作・編集・ディレクションを担当しています。

​SNSコンサルタント

SNSでの写真やコンテンツの魅せ方についてレクチャーを行なっています。効果的な写真の撮り方や、マーケティングに基づいた運用方法など、魅力的なコンテンツ作りをお手伝いしています。

【廣川 かりん】

フォトグラファー/フォトライター/webコンテンツディレクター/SNSコンサルタント

趣味:旅、合気道、映画鑑賞、読書、犬、猫

Education

2006-2010  Nihon University College of Art,

                   Broadcasting section

 

Solo Exhibition

2016  “Space” Ouchi Gallery, Brooklyn, NY

 

Group Exhibition

2012      37th “Good Art”

              Kyoto municipal museum of art, Kyoto, Japan

2013      38th “Good Art”

              Kyoto municipal museum of art, Kyoto, Japan

2014      9th “100 Artists Exhibition”

              Ouchi Gallery, Brooklyn, NY

2014      39th  “Good Art”

              Kyoto municipal museum of art, Kyoto, Japan

2016      41st    “Good Art”

              Kyoto municipal museum of art, Kyoto, Japan

2017      Group Exhibition

              11/02/2017(THU) - 11/29/2017(WED)

              in JCAT GALLERY IN ATSUKO THERAPY, NYC

KARIN hirokawa

The lights. It makes visible shadows, colors, plants, living things, humans, cultures and almost all of the things. The prosperity has granted under the
influence of the lights.

I chase the shadows. Wherever possible even if it’s far away I’m willing to catch a scenery I have never seen before. Shadows which above the sunlight appear such formed artificially as an entirely straight line and a perfect curve that appear with a cause of human works. Nowadays, it is hard to find a scene that was composed without artificial elements.

I was born and raised in Japan. We have developed on coexistence with nature things from the ancient times, respect for trees, foods, even in
products we find out something sacred things inside still on today. Japan is located on the way of a typhoon and crossing continental plates of the earth.
Sometimes we are forced to face a natural disaster. Therefore, ancestors supposed that typhoon, earthquake, volcanic activity such as catastrophes
were divine punishments.
In these days, a superstitious conception is getting disappear and is replaced by science and technology. However, it still exists something unexplainable
faith in our mind, and we are taking it over continuously to next generations. According to the story, I focus on a moment that collaborated between
nature and human’s works.​

 

 

 

主なクライアント:

株式会社 ユナイテッドアローズ様、株式会社ワコールアートセンター、株式会社ドワンゴ、株式会社DMM.com、株式会社学研プラス、株式会社ツクルバ、株式会社解体新社様、など多数

Award

2017   第42回 全国公募写真展「視点」ヤング賞 入選